ドイツ生活質問箱

ここはドイツ生活に関する事務的な質問の掲示板です

  • 表示モードは自分で変えることが出来ます(クッキーでその後ずっとそれが標準モードになります)。バーの「設定」をクリックしてお好きな表示方法をお選びください。
  • 過去に同じ質問があるかもしれませんので、 出来れば掲示板の過去ログを確認してから投稿してください。
  • 内容は個人の経験や意見に基づいています。 事実と異なる場合もありますので、
    自己の責任で 情報の取捨選択を行なったうえ、行動にうつして下さい。
  • この質問箱は、たこが全ての質問に答えるというわけではありません。
    知っている事なら答えられますが、知らない事にレスはつけられません。
    もし情報をもっている方がいらっしゃれば、たこに遠慮せず、
    どんどんお書き込み下さい。
  • 質問される方は、なるべくメールアドレスをお残し下さい。 掲示板上で答えにくい質問の場合、解答者から直接メールが届くこともあります。   「非表示」にしても、「レスがあった場合メールがほしい」を選びますと、記事対する返信をうけとれます。   「匿メール」をお選びいただきますと、投稿者はアドレスを公開されることなく、投稿者にメールを送りたい人は専用フォームからメールを送ることが出来ます。
  • 質問に対する解答は解答者の善意によって行われています。 ネットだからといって「ただで情報を取得できて当たり前」という考えはお止め下さい。 答えを書くのにも、時間と労力がかかっているのです。 情報をもらった場合、一言でもお返事をいただけると、 情報提供者の方も「ちゃんと情報が本人に伝わった」という安心感をもてます。 ただし、サーバーの負担を減らすため、お礼のみの投稿は、 一定期間をもって管理人が削除いたします。ご容赦くださいませ。
Counter 


【ニコニコ掲示板】 ←サイト管理人(たこ)に対するメッセージはこちらへ!
【留学質問箱】 ←ドイツ留学に関する質問はこちらへ!
【どんどこ掲示板】 ←一つのテーマで話し合いたい時はこちらへ!
@@@@@@@@@@ニコニコ掲示板で同じ話題が続いた時も、こちらへ自主移動お願いします
【広告掲示板】 ←宣伝のための投稿はこちらへ!
Google
 
Web 留学天国サイト内検索 留学質問箱検索
旧生活質問箱





4 / 237 ツリー ←次へ | 前へ→

ドイツでの就職について kobiru 09/9/6(日) 5:14

Re:ドイツでの就職について ももたろう 09/10/3(土) 6:45
Re:ドイツでの就職について たこ(管理人) 09/11/10(火) 5:49
たこさん、ももたろうさんへ ゆうじ 09/12/10(木) 4:53
Re:たこさん、ももたろうさんへ まさよ 09/12/15(火) 13:46
Beschaeftigung ohne Beschraenkung ゆうじ 09/12/19(土) 0:12

Re:ドイツでの就職について
 ももたろう  - 09/10/3(土) 6:45 -

引用なし
パスワード
   トピ主様、横からすいません。。

▼たこ(管理人)さん:
>無制限労働許可(確か2年で取れます)を持っていない場合は、会社ごとに労働許可の申請が必要です。

↑この「無制限労働許可」とは何でしょうか?
ドイツで働き始め4年目になりますが、聞いたことがありませんでした。

現在、副業として翻訳者としてフリーランスで働きたく思い
(国家資格取得者です)外国人局と交渉している最中なのですが
なかなか良い返事がもらえません。

vom Fall zu Fall anders...hmmm...と言われるばかりで
余りにも進展がないので、弁護士さんにお願いするべきなのか?
迷っています。

何か情報を頂ければとても有難いです。
よろしくお願いします
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.3) Gecko/20090824 Firefo...@92.116.84.99>

Re:ドイツでの就職について
 たこ(管理人)  - 09/11/10(火) 5:49 -

引用なし
パスワード
   >↑この「無制限労働許可」とは何でしょうか?
>ドイツで働き始め4年目になりますが、聞いたことがありませんでした。

最初に労働許可をもらった時は「○○会社でのみの労働を許可する」と書いてあると思いますが。2年たつとその制限がとかれ、非自営業であればどの会社でも働けるようになると思うのです。少なくとも私が元いた町(ここで定住許可も取った)
ではそうですし、よそのとある町でもそうききました。

>現在、副業として翻訳者としてフリーランスで働きたく思い
>(国家資格取得者です)外国人局と交渉している最中なのですが
>なかなか良い返事がもらえません。

そうなのですか…今住んでいる町では知り合いはあっさり許可をもらえてましたけどねえ。それこそ二つ返事だったようです。街によって対応が違いますねえ。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; GTB6.3; SLCC1; .NET ...@p5B20A629.dip0.t-ipconnect.de>

たこさん、ももたろうさんへ
 ゆうじ  - 09/12/10(木) 4:53 -

引用なし
パスワード
   >管理人さま
私も横入りで申し訳ないのですが
ももたろうさん同様、ドイツで働き始め4年目ですが
「無制限労働許可」とは聞いたことがありませんでした。

年末にはもう一度外国人局で滞在許可の更新をする
予定なのですが、「無制限労働許可」なるものが
私の州でも認められるならぜひ取得したいと思っています。
お手数をかけて申し訳ないのですが、
この「無制限労働許可」をドイツ語では何と言うのか
教えていただけないでしょうか?
(法律を調べて理論武装したいのです)

>ももたろうさん
私も日独翻訳の国家資格保持者ですが、
外国人局には良い返事をもらえておりません。
ちなみにずっと前に住んでいたニーダーザクセン州では
2つ返事でOKでした。
(係の人がご機嫌麗しそうであったので
思い切って言ってみたら、その場でFormloser Antragを
書いて提出→認可、という…)

そしてまた他州に引っ越す予定なのですが
私の場合、この国家資格さえ無効になる危険があるそうです。
というのも、私はデュッセルドルフIHKで
受験した試験をもとにBeeidigter Uebersetzerとして
当時居住地の裁判所から認定を受けたのですが、
次に引っ越し先となる州では、この資格は
特定の学科を卒業しないことには認められないんだとか。
しかし翻訳者の経歴があるのでまあ考えてみましょう、
とりあえず書類を送ってください、という対応でした。

来年か再来年にはEUの法律が変わり、
居住地に関係なく「翻訳学科卒」のDiplomが
国家認定の大前提となり、例えばそれ以前のルールで
さだめられた国家認定資格を持っていたとしても、
経験(翻訳者としての実質的活動)が乏しい場合には
資格剥奪もありうる、という話を裁判所の方から聞きました。
↑これはさすがに信じていませんが、
翻訳者としての経験をきちんとしたレファレンスとして
残しておかなければ…と気を引き締める機会になりました。

お互い大変ですが頑張りましょう!
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.3) Gecko/20090824 Firefo...@92.117.67.221>

Re:たこさん、ももたろうさんへ
 まさよ E-MAIL  - 09/12/15(火) 13:46 -

引用なし
パスワード
   はじめまして。
無制限労働許可証というのは普通にArbeitserlaubnis と表記があり、職業内容の欄にUnbeschraenktと記載されていると同時に有効期限の所にunbefristetと記載されています。


▼ゆうじさん:
>>管理人さま
>私も横入りで申し訳ないのですが
>ももたろうさん同様、ドイツで働き始め4年目ですが
>「無制限労働許可」とは聞いたことがありませんでした。
>
>年末にはもう一度外国人局で滞在許可の更新をする
>予定なのですが、「無制限労働許可」なるものが
>私の州でも認められるならぜひ取得したいと思っています。
>お手数をかけて申し訳ないのですが、
>この「無制限労働許可」をドイツ語では何と言うのか
>教えていただけないでしょうか?
>(法律を調べて理論武装したいのです)
>
>>ももたろうさん
>私も日独翻訳の国家資格保持者ですが、
>外国人局には良い返事をもらえておりません。
>ちなみにずっと前に住んでいたニーダーザクセン州では
>2つ返事でOKでした。
>(係の人がご機嫌麗しそうであったので
>思い切って言ってみたら、その場でFormloser Antragを
>書いて提出→認可、という…)
>
>そしてまた他州に引っ越す予定なのですが
>私の場合、この国家資格さえ無効になる危険があるそうです。
>というのも、私はデュッセルドルフIHKで
>受験した試験をもとにBeeidigter Uebersetzerとして
>当時居住地の裁判所から認定を受けたのですが、
>次に引っ越し先となる州では、この資格は
>特定の学科を卒業しないことには認められないんだとか。
>しかし翻訳者の経歴があるのでまあ考えてみましょう、
>とりあえず書類を送ってください、という対応でした。
>
>来年か再来年にはEUの法律が変わり、
>居住地に関係なく「翻訳学科卒」のDiplomが
>国家認定の大前提となり、例えばそれ以前のルールで
>さだめられた国家認定資格を持っていたとしても、
>経験(翻訳者としての実質的活動)が乏しい場合には
>資格剥奪もありうる、という話を裁判所の方から聞きました。
>↑これはさすがに信じていませんが、
>翻訳者としての経験をきちんとしたレファレンスとして
>残しておかなければ…と気を引き締める機会になりました。
>
>お互い大変ですが頑張りましょう!
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.9.1.5) Gecko/20091102 Fir...@ip68-10-200-190.hr.hr.cox.net>

Beschaeftigung ohne Beschraenkung
 ゆうじ  - 09/12/19(土) 0:12 -

引用なし
パスワード
   まさよさん、お返事ありがとうございます。

▼まさよさん:
>はじめまして。
>無制限労働許可証というのは普通にArbeitserlaubnis と表記があり、職業内容の欄にUnbeschraenktと記載されていると同時に有効期限の所にunbefristetと記載されています。

まさよさんのおっしゃっている滞在許可は
「無期限の滞在許可」(事実上の永住許可?)ではないでしょうか。

実はまさに今朝、外国人局に行きAufenthaltserlaubnis
の延長申請をしたところ、こちらから何も言わないうちに
「あ〜あなたはもう3年以上ドイツで働いているから職種無制限になるわね」と、
自動的に「職種無制限の滞在許可」をもらうことができました。

しかし有効期限は明記されておりますので、
職種無制限ではあるが、無期限ではないです。
(無期限のものは、更に厳しい規定があったような…?)

ちなみに Zusatzblattには

Die Aufenthaltserlaubnis zu einer Beschaeftigung gemaess Artikel 39
AufenthaltG I.V.m Abs.1 2 BeschVerfV ohne Beschraenkung

と記されています。Arbeitserlabnisの文字は見当たりません
(新移民法では全てAufenthaltserlaubnisに統合されたのでは
なかったでしたっけ…?)

これで、就職活動もしやすくなった、ということなのでしょうか…?
まだよく調べていないのですが…
まさよさんが教えてくださったArbeitserlaubnisについても
いま一度調べてみたいと思います。

とにかく、周囲に雇用ベースでドイツに滞在している日本人がおらず
常に情報不足なので、レスとてもありがたいです。
このような掲示板を運営されている管理人様にもお礼申し上げます。

最後に、トピ主様へ
ドイツで就職活動中のトピ主様にも有用な情報であることを願って
書き込みしていますが、話題がどんどんずれてしまいすいません。


>
>
>▼ゆうじさん:
>>>管理人さま
>>私も横入りで申し訳ないのですが
>>ももたろうさん同様、ドイツで働き始め4年目ですが
>>「無制限労働許可」とは聞いたことがありませんでした。
>>
>>年末にはもう一度外国人局で滞在許可の更新をする
>>予定なのですが、「無制限労働許可」なるものが
>>私の州でも認められるならぜひ取得したいと思っています。
>>お手数をかけて申し訳ないのですが、
>>この「無制限労働許可」をドイツ語では何と言うのか
>>教えていただけないでしょうか?
>>(法律を調べて理論武装したいのです)
>>
>>>ももたろうさん
>>私も日独翻訳の国家資格保持者ですが、
>>外国人局には良い返事をもらえておりません。
>>ちなみにずっと前に住んでいたニーダーザクセン州では
>>2つ返事でOKでした。
>>(係の人がご機嫌麗しそうであったので
>>思い切って言ってみたら、その場でFormloser Antragを
>>書いて提出→認可、という…)
>>
>>そしてまた他州に引っ越す予定なのですが
>>私の場合、この国家資格さえ無効になる危険があるそうです。
>>というのも、私はデュッセルドルフIHKで
>>受験した試験をもとにBeeidigter Uebersetzerとして
>>当時居住地の裁判所から認定を受けたのですが、
>>次に引っ越し先となる州では、この資格は
>>特定の学科を卒業しないことには認められないんだとか。
>>しかし翻訳者の経歴があるのでまあ考えてみましょう、
>>とりあえず書類を送ってください、という対応でした。
>>
>>来年か再来年にはEUの法律が変わり、
>>居住地に関係なく「翻訳学科卒」のDiplomが
>>国家認定の大前提となり、例えばそれ以前のルールで
>>さだめられた国家認定資格を持っていたとしても、
>>経験(翻訳者としての実質的活動)が乏しい場合には
>>資格剥奪もありうる、という話を裁判所の方から聞きました。
>>↑これはさすがに信じていませんが、
>>翻訳者としての経験をきちんとしたレファレンスとして
>>残しておかなければ…と気を引き締める機会になりました。
>>
>>お互い大変ですが頑張りましょう!
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.3) Gecko/20090824 Firefo...@92.117.127.235>

4 / 237 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
110,689
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.