留学質問箱

ここはドイツ留学に関する質問の掲示板です

荒らし対策でhttpという文字列は禁止にしてあります。      HPを投稿記事内で紹介するにはhttpを抜かして書いて下さい。

  • 表示モードは自分で変えることが出来ます(クッキーでその後ずっとそれが標準モードになります)。バーの「設定」をクリックしてお好きな表示方法をお選びください。
  • 過去に同じ質問があるかもしれませんので、 出来れば掲示板の過去ログを確認してから投稿してください。
  • 留学天国MLに登録いただきますと、 このBBSの投稿も受け取ることが出来ます。
  • 内容は個人の経験や意見に基づいています。 事実と異なる場合もありますので、
    自己の責任で 情報の取捨選択を行なったうえ、行動にうつして下さい。
  • この質問箱は、たこが全ての質問に答えるというわけではありません。
    知っている事なら答えられますが、知らない事にレスはつけられません。
    もし情報をもっている方がいらっしゃれば、たこに遠慮せず、
    どんどんお書き込み下さい。
  • 質問される方は、なるべくメールアドレスをお残し下さい。 掲示板上で答えにくい質問の場合、解答者から直接メールが届くこともあります。   「非表示」にしても、「レスがあった場合メールがほしい」を選びますと、記事対する返信をうけとれます。   「匿メール」をお選びいただきますと、投稿者はアドレスを公開されることなく、投稿者にメールを送りたい人は専用フォームからメールを送ることが出来ます。
  • 質問に対する解答は解答者の善意によって行われています。 ネットだからといって「ただで情報を取得できて当たり前」という考えはお止め下さい。 答えを書くのにも、時間と労力がかかっているのです。 情報をもらった場合、一言でもお返事をいただけると、 情報提供者の方も「ちゃんと情報が本人に伝わった」という安心感をもてます。 ただし、サーバーの負担を減らすため、お礼のみの投稿は、 一定期間をもって管理人が削除いたします。ご容赦くださいませ。
Counter 




【ニコニコ掲示板】 ←サイト管理人(たこ)に対するメッセージはこちらへ!
【生活質問箱】 ←ドイツ生活に関する質問はこちらへ!
【どんどこ掲示板】 ←一つのテーマで話し合いたい時はこちらへ!
@@@@@@@@@@ニコニコ掲示板で同じ話題が続いた時も、こちらへ自主移動お願いします
【広告掲示板】 ←宣伝のための投稿はこちらへ!
Google
Web 旧留学質問箱 留学天国コンテンツ

★旧留学質問箱には過去5年分の投稿があります。投稿の前にこちらも検索してください★
(現留学質問箱の検索はメニューバーの中にあります)



 
53 / 72 ツリー ←次へ | 前へ→

ビザについて 湘南のソフィスト 09/1/6(火) 14:44
Re:ビザについて 華丸 09/1/7(水) 0:00
Re:ビザについて 湘南のソフィスト 09/1/7(水) 15:38
Re:ビザについて 華丸 09/1/7(水) 20:14
Re:ビザについて 湘南のソフィスト 09/1/8(木) 5:39
Re:ビザについて 私も30歳以上 09/1/10(土) 4:28

ビザについて
 湘南のソフィスト  - 09/1/6(火) 14:44 -

引用なし
パスワード
    私は、現在、大学院生の身分で、今年の秋からドイツの大学院へ正式に留学することを予定しています。ですが、私は、既に既婚、子供が一人おります。ですので、当然、留学には妻子供を同伴させるつもりです。

 そこで、問題があるのですが、ドイツへの長期滞在の場合、学生という身分の夫が退職した妻・子供を同伴させることはできるのでしょうか?その場合、どういうビザになりますでしょうか? 
 一応、私は「日本学生支援機構」から12万/月を借用しており、その他、貯金と両親からの援助で、ドイツで生活することは可能だと思われます。
 ご返答お願い致します。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@softbank219045154177.bbtec.net>

Re:ビザについて
 華丸  - 09/1/7(水) 0:00 -

引用なし
パスワード
   私の友人がドイツの大学でいわゆるマスターに在籍しているのですが、
彼の奥さんとお子さんは一緒に住んでいます。
奥さんは家で主婦をしています。
なんのビザになるのかは(すみません)知らないのですが、
学生の方の配偶者やお子さんがドイツに住むのは可能だと思います。

奥さんは保険も彼の保険の扶養に入ってますし、
ドイツで出産もしたようです。

日本の大使館や領事館の方にまずは直接質問をされた方がいいとは思いますが、
ドイツの大学の受け入れが正式に決まれば大丈夫だと思うのですが...


▼湘南のソフィストさん:
> 私は、現在、大学院生の身分で、今年の秋からドイツの大学院へ正式に留学することを予定しています。ですが、私は、既に既婚、子供が一人おります。ですので、当然、留学には妻子供を同伴させるつもりです。
>
> そこで、問題があるのですが、ドイツへの長期滞在の場合、学生という身分の夫が退職した妻・子供を同伴させることはできるのでしょうか?その場合、どういうビザになりますでしょうか? 
> 一応、私は「日本学生支援機構」から12万/月を借用しており、その他、貯金と両親からの援助で、ドイツで生活することは可能だと思われます。
> ご返答お願い致します。
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/525.19 (KHTML, lik...@1.121.113.82.net.de.o2.com>

Re:ビザについて
 湘南のソフィスト  - 09/1/7(水) 15:38 -

引用なし
パスワード
   華丸さん

 ご返信どうもありがとうございました。感謝です。
 僕と同じような境遇の方がドイツで勉学に励んでいるということ、非常に
励まされます。僕は、マスターではなくドクターに在籍することになります
ので、むこうの領事が私の妻と子供に長期滞在許可を出すという点では、そ
れも説得できる一つの材料でもあるかとも思っています。

 なお、こちらの大使館にはすでに確認を取ったのですが、どうやら、ドイ
ツは連邦制を採っているため、許可を出すか否かはその州の領事によって判
断されることになるようです。その手続きに必要となるのが、「生活費負担
証明書」「戸籍謄本の翻訳」「保険加入証明書」「住まいの広さという点で
問題ないか(3人家族が住む上で問題ない広さであるかということ→こんな
のおせっかいですが。)」「入学許可書」の5点だということです。
 ですが、どうやらドイツに行ってから、90日以内に滞在許可申請を行うこ
とになるので、許可が下りるかどうかの判断は、ドイツに行ってからでない
とわからない、という点が非常に難点です。この点を克服することができれ
ば、話は随分と現実的になるのかなと思うのですが。

 確認ですが、その方(修士に在籍している方)は、お仕事をもってらっし
ゃいますか?それとも単に学生であるということのだけの身分でしょうか。
この点がどうなのかで話はかなり変わってくると思います。どうやら、お仕
事先からの派遣で留学をする場合は、そのまま会社の保険に入れるので、保
険の問題などが全くないため、簡単に長期滞在許可が下りるそうです(もち
ろん保険の問題を克服したというだけで許可が下りるわけではありませんが)
。ご家族の皆さんがその修士課程の男性の方の保険に入っているということ
ですが、それにどうして加入できたのかがとても気になります。普通、学生
に対しては個人が「公的保険」に入れるだけで、扶養という扱いでは家族が
その保険に加入できないはずなのですが。別に、高いお金を払って「民間保
険に加入されたのでしょうか。ドイツは、外国人に対しても保険加入義務を
課すので、非常に面倒です。
 もう一点、その方はどちらにいってらっしゃいますか?私はちなみにハイ
デルベルクに行く予定です。

 上記の2点、ご確認できませんでしょうか。

                     湘南のソフィスト


▼華丸さん:
>私の友人がドイツの大学でいわゆるマスターに在籍しているのですが、
>彼の奥さんとお子さんは一緒に住んでいます。
>奥さんは家で主婦をしています。
>なんのビザになるのかは(すみません)知らないのですが、
>学生の方の配偶者やお子さんがドイツに住むのは可能だと思います。
>
>奥さんは保険も彼の保険の扶養に入ってますし、
>ドイツで出産もしたようです。
>
>日本の大使館や領事館の方にまずは直接質問をされた方がいいとは思いますが、
>ドイツの大学の受け入れが正式に決まれば大丈夫だと思うのですが...
>
>
>▼湘南のソフィストさん:
>> 私は、現在、大学院生の身分で、今年の秋からドイツの大学院へ正式に留学することを予定しています。ですが、私は、既に既婚、子供が一人おります。ですので、当然、留学には妻子供を同伴させるつもりです。
>>
>> そこで、問題があるのですが、ドイツへの長期滞在の場合、学生という身分の夫が退職した妻・子供を同伴させることはできるのでしょうか?その場合、どういうビザになりますでしょうか? 
>> 一応、私は「日本学生支援機構」から12万/月を借用しており、その他、貯金と両親からの援助で、ドイツで生活することは可能だと思われます。
>> ご返答お願い致します。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@softbank219045154177.bbtec.net>

Re:ビザについて
 華丸  - 09/1/7(水) 20:14 -

引用なし
パスワード
   彼らはハイデルベルクと同じ州に住んでいます。
ハイデルベルクは学生が多いので、学生の家族(配偶者、子供)のビザ対応もちゃんとしてくれると思います。

保険ですが、私が以前ふと質問したところ、奥さんは彼の扶養に入っているため、保険料を毎月払わなくてもいいと言っていました。ちなみにPrivatではなく公的保険(AOK)です。もしかしたら家族扶養分高い金額を支払っているのかもしれませんが...こちらの保険はすぐに加入ができますし、保険証が届くのを待たずとも、ビザのことを相談するとその場で「この保険に加入手続き済み」という証明書を発行してくれます。それで私の場合学生ビザがすんなりおりました。
保険は直接メールで質問すると親切に回答が送られてきます。

彼は仕事をせず(アルバイトもせず)勉学に熱心に励んでいます。

もし可能であれば、ハイデルベルク大学の外国人局にメールで問い合わせてみたらいかがでしょうか?保険のこともアドバイスくれるはずです。
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/525.19 (KHTML, lik...@1.121.113.82.net.de.o2.com>

Re:ビザについて
 湘南のソフィスト  - 09/1/8(木) 5:39 -

引用なし
パスワード
   華丸さん

 以下ご丁寧に有難うございました。ハイデルベルクは学生が非常に多い
ので、家族に対する保険やビザの対応は、きちんとしてくれるということ
嬉しい限りです。

 確認ですが、ドイツは「ビザ」は必要なくて、90日を超える長期滞在の
場合、「長期滞在許可」をもらう、ということでよろしいんですよね?
その許可書は「ビザのようなもの」と考えれば宜しいのでしょうか。
 もう一点ですが、「公的保険」に家族が追加で加入する場合、どれくら
いの金額になるのでしょうか?月当たり、私と家族(妻・子供)も含めて、
総額どれくらいでしょうか。

 補足ですが、われわれ日本では、「学生が結婚する」ということはイレ
ギュラーであり、ましてや子供をもうけることなどあまり好ましいことで
はないと考える方多いと思います。こういう非常に閉塞的な日本の事情が、
私どもが自分たちの環境に対する「不安」を抱かなければならない原因な
のではないかと思います。日本においては、一部(東大や京大などに対す
る処遇)を除いて奨学金制度もままならず、国が真なる研究者を養成しよ
うなどということを全く考えておらず、年齢を重ねるごとに(本当に研究
を重ねていくつもりがあるなら年を食うのは当然だと思います)大学院生
がどんどん肩身の狭い思いをしなければならないという事情を本当に悔み
ます。これからは、本当に優秀な人間はどんどん日本から離れていってし
まうと思います。かつて、ノーベル賞受賞者でカリフォルニア大学教授の
中村さんもそんなことを言っていました。

 ドイツを含むヨーロッパでは、一部始終、物の判断についてきちんと
「議論する」ことが習慣づいていますので、日本のような閉塞感を生むこ
とはないと思います。もし、そのような事態になったとしても、またどう
する、こうするということをきちんと考え・議論するでしょう。日本の人
たち「議論する」こと拒みますね。
 実は、日本の大使館・領事館のひとたちに、すごく冷ややかな対応され
たんです。それは現地にいってみないとわからないと。そんなの予想がつ
くでしょうにね。長いこと働いてるんでしょうから。冷たいですよね。夢
や希望がぶち壊れます、この国にいると、いろんな意味で。

 すみません、最近感じたことを率直に書いてみました。口が走りすぎま
したね。あしからず。

                     湘南のソフィスト


▼華丸さん:
>彼らはハイデルベルクと同じ州に住んでいます。
>ハイデルベルクは学生が多いので、学生の家族(配偶者、子供)のビザ対応もちゃんとしてくれると思います。
>
>保険ですが、私が以前ふと質問したところ、奥さんは彼の扶養に入っているため、保険料を毎月払わなくてもいいと言っていました。ちなみにPrivatではなく公的保険(AOK)です。もしかしたら家族扶養分高い金額を支払っているのかもしれませんが...こちらの保険はすぐに加入ができますし、保険証が届くのを待たずとも、ビザのことを相談するとその場で「この保険に加入手続き済み」という証明書を発行してくれます。それで私の場合学生ビザがすんなりおりました。
>保険は直接メールで質問すると親切に回答が送られてきます。
>
>彼は仕事をせず(アルバイトもせず)勉学に熱心に励んでいます。
>
>もし可能であれば、ハイデルベルク大学の外国人局にメールで問い合わせてみたらいかがでしょうか?保険のこともアドバイスくれるはずです。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@softbank219045154177.bbtec.net>

Re:ビザについて
 私も30歳以上  - 09/1/10(土) 4:28 -

引用なし
パスワード
   こんばんは。

私自身も結構な年齢の学生ですが、ハイデルベルクで旦那様が研究員として来られてそれについて来た奥様の方とちょっと知り合いでした。そういう方ちらほらいらっしゃるようなので、大丈夫だと思います(って根拠ない言い方ですけど、すみません)。

ハイデルベルクは一部家族で入居できる寮などもありますし、問い合わせてみたらいいかもしれませんね。もし既に家が決まってらっしゃるのであれば的外れですが。

研究頑張って下さい。

▼湘南のソフィストさん:
>華丸さん
>
> 以下ご丁寧に有難うございました。ハイデルベルクは学生が非常に多い
>ので、家族に対する保険やビザの対応は、きちんとしてくれるということ
>嬉しい限りです。
>
> 確認ですが、ドイツは「ビザ」は必要なくて、90日を超える長期滞在の
>場合、「長期滞在許可」をもらう、ということでよろしいんですよね?
>その許可書は「ビザのようなもの」と考えれば宜しいのでしょうか。
> もう一点ですが、「公的保険」に家族が追加で加入する場合、どれくら
>いの金額になるのでしょうか?月当たり、私と家族(妻・子供)も含めて、
>総額どれくらいでしょうか。
>
> 補足ですが、われわれ日本では、「学生が結婚する」ということはイレ
>ギュラーであり、ましてや子供をもうけることなどあまり好ましいことで
>はないと考える方多いと思います。こういう非常に閉塞的な日本の事情が、
>私どもが自分たちの環境に対する「不安」を抱かなければならない原因な
>のではないかと思います。日本においては、一部(東大や京大などに対す
>る処遇)を除いて奨学金制度もままならず、国が真なる研究者を養成しよ
>うなどということを全く考えておらず、年齢を重ねるごとに(本当に研究
>を重ねていくつもりがあるなら年を食うのは当然だと思います)大学院生
>がどんどん肩身の狭い思いをしなければならないという事情を本当に悔み
>ます。これからは、本当に優秀な人間はどんどん日本から離れていってし
>まうと思います。かつて、ノーベル賞受賞者でカリフォルニア大学教授の
>中村さんもそんなことを言っていました。
>
> ドイツを含むヨーロッパでは、一部始終、物の判断についてきちんと
>「議論する」ことが習慣づいていますので、日本のような閉塞感を生むこ
>とはないと思います。もし、そのような事態になったとしても、またどう
>する、こうするということをきちんと考え・議論するでしょう。日本の人
>たち「議論する」こと拒みますね。
> 実は、日本の大使館・領事館のひとたちに、すごく冷ややかな対応され
>たんです。それは現地にいってみないとわからないと。そんなの予想がつ
>くでしょうにね。長いこと働いてるんでしょうから。冷たいですよね。夢
>や希望がぶち壊れます、この国にいると、いろんな意味で。
>
> すみません、最近感じたことを率直に書いてみました。口が走りすぎま
>したね。あしからず。
>
>                     湘南のソフィスト
>
>
>▼華丸さん:
>>彼らはハイデルベルクと同じ州に住んでいます。
>>ハイデルベルクは学生が多いので、学生の家族(配偶者、子供)のビザ対応もちゃんとしてくれると思います。
>>
>>保険ですが、私が以前ふと質問したところ、奥さんは彼の扶養に入っているため、保険料を毎月払わなくてもいいと言っていました。ちなみにPrivatではなく公的保険(AOK)です。もしかしたら家族扶養分高い金額を支払っているのかもしれませんが...こちらの保険はすぐに加入ができますし、保険証が届くのを待たずとも、ビザのことを相談するとその場で「この保険に加入手続き済み」という証明書を発行してくれます。それで私の場合学生ビザがすんなりおりました。
>>保険は直接メールで質問すると親切に回答が送られてきます。
>>
>>彼は仕事をせず(アルバイトもせず)勉学に熱心に励んでいます。
>>
>>もし可能であれば、ハイデルベルク大学の外国人局にメールで問い合わせてみたらいかがでしょうか?保険のこともアドバイスくれるはずです。
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; de; rv:1.9.0.5) Gecko/2008120122 Fire...@dslb-092-075-107-193.pools.arcor-ip.net>

53 / 72 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
114,870
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.